iPhoneからChromecastへのミラーリング機能利用


Chromecast自体にはアプリをインストールすることはできません。
iPhoneにインストールしたTVerにはPrime Videoと違って「デバイスにキャスト」する機能はありませんがChromecast接続TVで視聴したいケースもあると思います。
更にiPhoneの「写真」アプリにある画像・動画を利用したBGM付きスライドショーをChromecast接続TVで視聴したいというニーズもあるかと思います。
もっと欲張って1台のiPhoneで2台のTVにPrime VideoとTVerの動画を同時に映るようにしたいというケースもあるかも知れません。
これらのニーズはiPhoneからChromecastへのミラー機能によって叶えることができます。

ここではiPhoneからChromecastへのミラーリング機能の利用手順をご紹介します。

  1. 環境
    ・スマホ:iPhone 8 Plus
    ・スマホの主たるアプリ:「Chromecast」(Streamer for Chromecast)アプリ
    ・セットトップボックス:Chromecast UltraとFire TV Stick 4K(AirPlay対応化用のAirReceiver:インストール済)の同居でスマホと同じWi-Fiネットワークに接続済
    ※1 当方の環境ではFire TV Stick 4Kのデバイス名はデフォルトの「XX's Fire TV」と「AFTMM-18」(AirReceiver組み込み版の仮想デバイス名)とします。
    ※2「Chromecast」アプリからはAdvancedモード,Standardモード共に「XX's Fire TV」に接続することはできません。
    ・TV:普通のテレビ(非スマートTV/AndroidTVを内蔵していないTV)

  2. 今回利用する主たるメディア

  3. 「Chromecast」(Streamer for Chromecast)アプリのアップグレード
    無償の「Chromecast」アプリではそのミラーリングで音を出せない場合があります。
    そこでミラーリングで音を出すために「Chromecast」アプリを有償でアップグレードします。
    「Chromecast」アプリをアップグレードするとミラーリングで「Advanced Mode」(拡張モード)オプションが使用できて音の出力も可能となります。
    以下、アップグレードした「Chromecast」アプリも単に「Chromecast」アプリと呼ぶことにします。

  4. 「Chromecast」アプリのAdvancedモードでのChromecast Ultraへのミラーリング手順

  5. 「Chromecast」アプリのAdvancedモードでのFire TV Stick 4Kへのミラーリング手順
    「Chromecast」アプリはChromecastデバイス専用のアプリではなくAirReceiverを組み込んでAirPlay対応可したFire TV Stickにも利用できます。

  6. 「Chromecast」アプリのStandardモードでのChromecast Ultraへのミラーリング手順

  7. 「Chromecast」アプリのStandardモードでのFire TV Stick 4Kへのミラーリング手順
    ミラーリング手順やアプリのミラーリングのされ方は一部を除いてStandardモードでのChromecast Ultraへのミラーリングと同じです。
    Chromecast Ultraへのミラーリングとの違い/補足は以下の通りです。
    (1)「Chromecast」アプリでの接続先は[AFTMM-18]となります。
    (2)「画面のブロードキャスト」画面に経過時間と共に表示されるデバイス名は「Chromecast」のままです(ここは実際のデバイス名が表示されるものではないようです)。
    (3)「写真」アプリの動画、スライドショーでの動画、ホームビデオの動画等多くの動画で映像の劣化が目立ちます。
    映像の劣化は縮小画像ではちょっと分かりにくいですがTVの実映像ではその劣化は顕著です。
    下記画像はFire TV Stick 4Kへの横長動画のミラーリングでAdvancedモードとStandardモードの両方で動画停止状態でのTV表示画像です。
    Advanced(iPhoneは縦向き) Standard(iPhoneは横向き)



    (Advancedモードより画質劣化)

  8. 「Chromecast」アプリのAdvancedモードの個人的見解
    アップグレード前の「Chromecast」アプリの導入直後にたまたまミラーリング時の「ミュージック」アプリの再生を行ってみました。
    「Mode:Standard」で「Sound:オン」にしてもTVから音が出てきませんでした。
    今回はアップグレード後にStandardモードをテストしたためアップグレード前のStandardモードの動作が完全に再現できているかどうかの判断はできませんが、
    Standardモードでのミラーリングで音の問題は特にありませんでした。
    元々アップグレード前のStandardモードでもChromecastとiPhoneを再起動すれば音が出ていたのかも知れません。
    そういう状況の元で目にしたのが「Chromecast」アプリのアップグレード情報でした。
    そのアップグレード情報の中で目玉機能のようなものがいくつかありました。

    1台のiPhoneからキャスティングとミラーリングの同時使用ができるので、例えば目次用と本編説明用の2台のプロジェクターに接続してプレゼン等もできます。
    但し、Chromecast (Ultra)の背景画像表示までの時間は20分ですので目次をキャストしたまま20分経過すると背景画像に変わってしまう点は要注意ですが...。
    更に1台のiPhoneから複数のプロジェクターに別々のアプリで同時キャスティングできることもプレゼン等に便利です。
    例;
  9. おまけ:PCで作成した画像・動画のキャスティング方法
    PCで作成した画像・動画の利用についてはPCからiPhoneカメラロールへの画像・動画転送例でご紹介しています。